債務整理・借金返済お悩みホットライン

債務整理・借金返済お悩みホットライン

毎月の借金返済に苦しんでいる人は少なくはありません。借金を返すために借金をする多重債務に陥っている方も少なくはありません。更には借金ができず闇金(悪徳消費者金融)にお金を借りことになりかねません。

 

 

自分の借金ですから何とかしなければなりませんが、法律事務所又は法務事務所に相談すると少し軽減できると言われているのはご存知でしょうか。借金の軽減、それが債務整理と言われ、借金の状況に応じて個々の対応が変わります。その方法については法律事務所に相談すれば、あなたの場合はどの方法がいいか判断してもらえます。

 

 

弁護士・司法書士への相談と聞くと費用がかかると思う方も少なくはありません、事務所側も何もしないと仕事が入ってきませんから、無料相談などを積極的に行っている場合が多いです。特に債務整理の相談はお金に困っている方がほとんどのため、相談・初期費用が無料の場合があります。

 

インターネットで検索してみると債務整理の無料相談を受け付けている法律事務所がたくさんあります。債務整理を生業にしている専門のところもあります。むしろ専門の事務所に相談することをおすすめします。

 

今の借金にお困りでしたら、すなわち返済ができない場合、金融業者は取り立てをするでしょう、取り立て催促をしてもお金がなければ払える訳がありません、そのような状況の場合はまず専門家の先生に相談しましょう。債務整理を始める合意に至れば取り立て催促は止まります。

 

そこから手続きがはじまります。

 

冒頭の部分で借金の状況に応じて個々の対応が変わるということでしたが、どのような対応があるのかまとめてみました。

 

 

任意整理→裁判所を通さず、金融業者と交渉をして、借金の減額などを行う手段。個人で交渉しても金融業者は受け入れてもらえないので、弁護士・司法書士の力を借りることになる場合がほとんどです。

 

 

自己破産→裁判所にて全ての債務を免除してもらう手続きです。財産をお金に換えて債権者に配当されます。破産ができる場合は返済が不能と判断された場合です。

 

 

個人再生→裁判所を通して、債務を減額してもらいます。基本的に5分の1まで減額する手段。それを今後返済していきます。

 

 

特定調停→任意整理と似ていますが、こちらは簡易裁判所を通して借金の減額手続きを取る手段です。

 

 

過払い金返還請求→借金返済後の事になりますが、債務者が利息制限法の上限を超えて払った金利を取り戻すことができます。利息制限法の上限の金利は年15〜20%でしたが、出資法の上限金利年29・2%との間の「グレーゾーン金利」と呼ばれる金利が原則無効とすることになり、今まで利息制限以上の利息を支払った分を債務者へ返還することです。


アヴァンス法務事務所
債務整理・過払い請求はアヴァンス法務事務所がおすすめ
過払い金請求・債務整理相談は無料です。
過払い成功報酬が最大16%と業界の一般的な事務所より安い
任意整理においては減額報酬や和解成功報酬などの追加費用がありません。



アヴァンス法務事務所 公式サイト
 ご相談はこちら





♪女性スタッフ対応で安心♪

アヴァンスのレディース債務整理




司法書士法人杉山事務所
消費者金融が恐れる司法書士日本一
返還実績日本一
最初から最後まで担当司法書士が受任・相談
全国どこからでも相談無料!出張査定も無料!


司法書士法人杉山事務所 公式サイト 
ご相談はこちら




街角法律相談所無料
まずは匿名で登録して、あなたにぴったりの相談先を提案させて頂きます。
登録も簡単入力です。


街角法律相談所 公式サイト
ご相談はこちら




リヴラ総合法律事務所

債務整理・過払い金請求のご相談は、土曜日も日曜日も祝日・夜間と
24時間受付可能です。
費用が不安な方へ費用の分割は最大1年OK!


リヴラ総合法律事務所 公式サイト
ご相談はこちら






北法律事務所

無料・匿名の債務整理診断サービス
24時間いつでも受付
過払い金無料計算


北法律事務所 公式サイト
ご相談はこちら